アブソリュートエンコーダ

アブソリュートエンコーダは絶対的な角度位置を測定します。 これは、角度位置の変化を測定するインクリメンタルエンコーダとは対照的です。 エンコーダがアブソリュートまたはインクリメンタルであるかに関する試験は、電源投入時に行われます。 エンコーダがその位置を決定するために、何らかの「ウェイクアンドシェイク」プロセスを移動または通過する必要がある場合、エンコーダはインクリメンタルです。 動作なしでその真の位置を出力する場合、エンコーダはアブソリュートです。

アブソリュートエンコーダは、通常、シリアル同期インターフェイス(SSI)などのデジタルデータストリーム、あるいは0~10Vまたは4~20mAなどのアナログ信号を出力します。 インクリメンタルエンコーダは通常、A/Bパルスまたは「AクワッドB」エンコーダと呼ばれるパルスを出力します。

従来、アブソリュートエンコーダには、同等のインクリメンタルエンコーダ以上のコストがかかっていました。 これは現実である一方、アブソリュートエンコーダはインクリメンタルエンコーダよりもますます使用されるようになっており、その差は小さくなっています。

残念ながら、配慮に欠ける一部のメーカーは、始動時に必要な動きが小さいため、インクリメンタルエンコーダをアブソリュートエンコーダとして販売しています。 実際には、これらは強力なマーケティングによって販売されているインクリメンタルエンコーダです。

光学式エンコーダは、市場で最も一般的な形式のエンコーダであり、優れた測定性能を提供します。 光学式エンコーダは、極端な温度、衝撃、振動、液体、異物などの厳しい環境には適していません。 より過酷な環境では、アブソリュートエンコーディングのための普及している選択肢は、誘導式エンコーダまたはインコーダです。

質問がありますか?

Zettlexテクノロジーについてさらに知りたい場合は、下記のフォームを使用してご連絡ください。
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
Connect with Zettlex

Ask a question

Technical support

This website uses cookies to provide you with the best user experience and site functionality, and provides us with enhanced site analytics. By continuing to view this site without changing your web browser settings, you agree to our use of cookies. To learn more, please view our privacy policy.