スラブレゾルバ

スラブレゾルバは、回転位置および速度のフィードバックのためのモーション制御アプリケーションで広く使用されています。 「スラブレゾルバ」という用語は、軸方向の高さに対して大きな直径を有するレゾルバを指します。 通常、スラブレゾルバは、シャフト、電気ケーブル、油圧パイプなどを収容するための大きな穴を有します。

スラブレゾルバは、他の検知技術によって課される環境制限に制約されることなく、確実な位置および速度フィードバックと転流を提供することにより、長年にわたる評価を得ています。 航空宇宙、軍用または重工業機器で遭遇する衝撃および振動レベルは通常、ほとんどのスラブリゾルバの動作範囲内にあります。

Zettlex技術とスラブレゾルバ

Synchro、RVDT、RVIT、Inductosyns™に加えて、スラブリゾルバは、「従来」型の誘導式位置センサとみなされ、現代の同等物と比較していくつかの欠点があります。 Zettlex IncOderは、スラブリゾルバと同じ基本的物理学に基づいており、同様の高レベルの堅牢性を提供します。 従来の大型のワイヤスプールとは対照的に、プリント回路を備えた層状構造を使用することによりIncOderでは低コスト、小型、軽量化が実現し、設計と統合の柔軟性が大幅に向上した最適なソリューションをエンジニアに提供します。 Zettlex IncOderは、高さが低く、内径が大きく、ミスアライメントの許容差があるため、パン・チルトペデスタル、ジンバルマウント、回転ジョイントなどのアプリケーションに簡単に取り付けることができます。

スラブレゾルバ

図1. Zettlex IncOderは、スラブレゾルバよりも低コスト、小型、軽量であり、信頼性と精度の高い代替品を設計エンジニアに提供します。

質問がありますか?

Zettlexテクノロジーについてさらに知りたい場合は、下記のフォームを使用してご連絡ください。
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
Connect with Zettlex

Ask a question

Technical support

This website uses cookies to provide you with the best user experience and site functionality, and provides us with enhanced site analytics. By continuing to view this site without changing your web browser settings, you agree to our use of cookies. To learn more, please view our privacy policy.