誘導式エンコーダ

Zettlex誘導式エンコーダ(IncOder)は、トランスまたは誘導技術を使用し、光学式エンコーダの信頼性が低いと判断される厳しい環境に最適です。

IncOdersは、それぞれがフラットリング形状のステータとロータの2つの主要部分で構成されています。 このリング形状により、貫通シャフト、スリップリング、光ファイバー、パイプ、ケーブルを容易に格納できます。 誘導式エンコーダのステータには電源が供給され、ロータはパッシブになります。 ステータに搭載された電子部品に電源が供給されると出力信号を生成します。 ステータからの出力信号は、モーションなしにステータに対するロータの絶対的な位置を示します。 対応するカップリングまたは特殊なカップリングは不要で、誘導式エンコーダをホスト製品に簡単にねじ込むことができます。 精密な機械的取り付けは不要で、ベアリングはありません。

誘導式エンコーダ – 真の「フィットアンドフォゲット」装置

光学式または静電容量式エンコーダは、過酷な環境においては特に結露や埃により信頼性が低下する場合があります。Zettlex誘導式エンコーダは、通常異物による影響を受けず、IP67定格を達成します。 静電容量式リング型エンコーダとは異なり、ロータまたはステータを接地する必要はありません。 IncOder形式の誘導式エンコーダには、接触する繊細な部品や摩耗部品はないため、定期的な交換、サービス、保守は不要です。 言い換えれば、IncOderは「フィットアンドフォゲット」装置です。 Zettlexリング型エンコーダのアプリケーションには以下のものがあります:-

  • ロータリージョイント、ジンバル
  • アクチュエーターサーボ、モーターエンコーダ
  • 電気光学機器、赤外線カメラシステム
  • ヘリオスタット、ソーラー機器
  • ロボットアーム、CNC工作機械
  • 試験・校正機器
  • 軽量・重量口径兵器システム
  • ターゲットシステム、距離測定器
  • アンテナポインティング装置、望遠鏡
  • 包装・ラボラトリーオートメーション
  • 医療用スキャナー、手術用機器
  • クレーン、テレスコピックマニピュレーター.
誘導式エンコーダ

図1. Zettlex IncOder誘導式エンコーダには、接触する繊細な部品や摩耗部品はないため、定期的な交換は不要です

質問がありますか?

Zettlexテクノロジーについてさらに知りたい場合は、下記のフォームを使用してご連絡ください。
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
Connect with Zettlex

Ask a question

Technical support

This website uses cookies to provide you with the best user experience and site functionality, and provides us with enhanced site analytics. By continuing to view this site without changing your web browser settings, you agree to our use of cookies. To learn more, please view our privacy policy.