位置検知技術の概要

Zettlexの位置検知技術には、独自の誘導技術が使用されています。基本的な位置検知技術の原理は、巻線やスプールではなく、従来型の誘導近接スイッチまたは測定用変圧器に類似しています。Zettlex位置センサはプリント回路基板(PCB)を使用しています。Zettlexの誘導位置検知技術には以下のようなメリットがあります。

  • 高精度
  • 環境条件に依存しない安定性
  • 取付公差に左右されない計測性能
  • 異物に対する耐性
  • 小型
  • 軽量
  • 様々な形状の検知能力
  • ベアリング、ブッシュ、シールが不要
  • 重量、振動、歪み、衝撃、傾斜、圧力および温度(膨張による)の計測にも使用できます。

PCBを使用しているため、センサの形状またはサイズは、特にOEM向けの特定のアプリケーションのために容易にカスタマイズが可能です。

Zettlexセンサは、絶対リニア位置または角度(シングルターンまたはマルチターン)を計測する制御システムの一部として最もよく使用されています。

測長範囲は0.1mmから10mで、トポロジには回転、リニア、2D、3Dなどが含まれます。

Connect with Zettlex

Ask a question

Technical support

This website uses cookies to provide you with the best user experience and site functionality, and provides us with enhanced site analytics. By continuing to view this site without changing your web browser settings, you agree to our use of cookies. To learn more, please view our privacy policy.