測定性能は、ロータとステータ間のギャップに影響されますか?

ギャップが1.10+/-0.35mmの場合、分解能、再現性、精度は仕様の通りとなります。制限内の場合、IncOderの測定分解能と再現性はエアギャップによる影響は受けません。エアギャップ公差が±0.35mmから±0.50mmに増加した場合、規定された計測非直線性は2倍となります。例えば、250mmのIncOderのエアギャップ交差が±0.50mmの場合、規定の直線性は+/-40秒から+/-80秒に増加します。

規定の直線性が必要な場合には、規定のエアギャップ公差を維持するようにしてください。これを達成する最も簡単な方法は、その軸方向位置を容易に設定できるセットスクリューロータを使用することです。ロータの内径は貫通シャフトにより近いことが理想的です。または、シムを使用することにより、必要なギャップを維持することができます。剥離可能なシムをIncOderのアクセサリとしてご用意しています。

.

Connect with Zettlex

Ask a question

Technical support

This website uses cookies to provide you with the best user experience and site functionality, and provides us with enhanced site analytics. By continuing to view this site without changing your web browser settings, you agree to our use of cookies. To learn more, please view our privacy policy.